MOLESKINE スクエアードノート LARGE ハードカバー を買う

MOLESKINE スクエアードノート LARGE ハードカバー を買う

blogの更新が滞って早2ヶ月。。。
ちょっと仕事が忙しくなったりするとすぐコレです。
こういうときは逆にTwitterの投稿頻度は上がったりするんですけどね(笑)

と、そんな状況ではありましたが、ここにきてblogを更新しようかと思いいたった理由は、手帳を変えようと思ったからです。

何にしたかというと、、、
MOLESKINEのスクエアードノート(方眼)のハードカバーでラージサイズのものです。

システム手帳からMOLESKINEに
システム手帳からMOLESKINEに

 

ここ1年くらいはスケジュールをスマートフォンに移してシステム手帳ではメモのみになっていましたが、去年の12月くらいから仕事の環境が変わりましてスマートフォンを持ち込めない場所ができてしまったために、一部の作業場所でスケジュールの確認ができなくなってしまいました。
顧客との会議場所も一部含まれるためスマートフォンを持ち込めないと次回の会議予定の調整に拙い記憶能力を駆使しなければならないという過酷な状況。
歳を重ねるごとに弱まる記憶能力に頼るのは非常に心許ない。。。
。・゚・(ノД`)・゚・。

というわけで、一旦はシステム手帳にブロック形式の月間カレンダーを入れてみたわけですが、しばらく使っていなかったシステム手帳にスケジュールを書き込むのが辛くてしょうがない。一度克服したはずのリングが邪魔で邪魔で。。。慣れって怖いですね。

で、綴じ手帳を求めて文房具店をウロウロするものの、しっくり来るものが見つからない。
探していたのは
「リング式でない」
「ブロック式の月間カレンダーとメモのみの手帳」
「できたらメモはたくさん欲しい」
だったのですが、無いもんですね。。。

もう諦めてシステム手帳で我慢するかと思っていたのですが、なぜかここで非生産的な事を閃く。
「ページ数のたくさんあるノートにカレンダーだけ付ければイイんじゃね?」
「方眼なら自分で線を引けばカレンダー書けるんじゃね?」

・・・

なんて思い立ったらなんだか試してみたくなっちゃって買っちゃいました。。。
相変わらずの迷走っぷりです。

昨今、方眼ノートは数あれど、いろいろ考えた結果でMOLESKINEのラージサイズを選んだわけですが、その理由はというと2点あります。

1:バイブルサイズのシステム手帳に近いサイズでいて薄いから。
2:2L判の写真がギリギリ貼れそうだから。

の2点です。

1:バイブルサイズのシステム手帳に近いサイズでいて薄いから。
ですが、実際に比較するとこうなりました。

システム手帳との大きさ比較
システム手帳との大きさ比較
ちょっと大きいですね。
システム手帳との大きさ比較
システム手帳との大きさ比較
ページ数は同じくらいですけど、MOLESKINEは薄い。

幅と高さは少し増えますけど、紙のサイズはかなり広くなりますし、同じページ数でもかなり薄くなります。
(これから厚さは増す予定ですけど。。。) 

2:2L判の写真がギリギリ貼れそうだから。
ですが、2Lの写真を重ねてみるとこんな感じ。

2L判の写真との比較
2L判の写真との比較
ギリギリ貼れそう。

2Lの写真が貼れるならL判は2枚貼れます。
バイブルサイズのシステム手帳って、L判を貼るには少し幅が足りないんですよね。
僕の使い方としては手帳のメモ欄はダイアリーも兼ねるので、写真を貼ってみたかったんですよね。
MOLESKINEを選んだのは、このサイズが一番の理由になってると思います。

他にも方眼のノートは見るんですけど、こんな絶妙なサイズのノートは他に見つかりませんでした。
ノートとしてはちょっとお高くつきましたけど、買ってしまったものはしょうがない(笑)
頑張って使い倒そうと思います。
でないと使わなくなってしまったシステム手帳ももったいないし。。。

でも今日はもう遅いのでカレンダーの書き込みなどは明日以降にしたいと思います。
。。。実際に使いはじめるのはいつになることやら?(汗)

文房具カテゴリの最新記事